So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

「こねないで作れる バゲットと美味しいパン」できました!

77.jpg

見本誌が届きました。
いろいろありましたがとりあえず出来た!

バンザ〜イ!!
nice!(0)  コメント(0) 

2017 文旦ピール [保存食]

 高知のお友達ができたので・・・
「しめしめ・・・高知なら「文旦ゲット!」と思っていました。

たまたま前日に違う方からも文旦をいただき、貴重な文旦が4個が我が家に・・・。

もちろん「文旦ピール」を作ります。
今回は3日がかり

11.jpg
まずは眺める。


22.jpg
表面の薄皮を剥いたら適当に切ってゆでる→水に漬ける→ゆでる→水につける

で一晩


33.jpg
削った表面の皮からは「香り」をいただきます。


44.jpg
もちろん実はそのままいただきま〜す!


翌日にはグラニュー糖とひたひたの水を入れて煮含めます。
この煮詰め具合が正念場・・・目を離してはいけません。
ここで一晩(これで少し残っていた煮汁も吸ってくれます)


そして最終日
オーブンのテンパンに広げて100度で1時間以上かけ、乾燥させます。

55.jpg

       ⇓

66.jpg
こんな感じにワタがゼリーっぽくなるのがなんとも言えずスキ!


これ、ビターチョコをくぐらせると最高なんですよね〜♡

    ちなみに詳しい作り方はHPのspecial recipeでもご紹介しています!!


nice!(0)  コメント(0) 

「生活のたのしみ展」へ [おでかけ]

 楽しみにしていた
ほぼ日の「生活のたのしみ展」へ!
初日とはいえ平日・・・と思って甘くみていたら・・・

すごいすごい「たのしみ食堂」の方はビル風びゅんびゅんのさっむい中、長蛇の列。
「たのしみ展」の方も、あちらこちらと長い列が・・・

何と言ってもいちばんは、なかしましほさんとニット作家のおねえさんのコラボ店舗
み〜んな、しほさんのお菓子を手に並んでいます。
すご〜い!!

初日なので糸井重里さんはじめ、みなさんおそろい・・・。

はぁ〜・・・。
すっかりミーハー状態です!!



それにしても寒すぎる!!

11.jpg


22.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

改良・ビーツのおつまみ [おいしいもの見つけた!]

 前回、ご紹介したビーツのおつまみ・・・
クリームチーズをオンしてみたら、さらにバージョンアップ!

11.jpg
日本酒にもぴったし!

 ただ写真のクリームチーズの量は多すぎ。この半分でOKです。


nice!(1)  コメント(0) 

生のビーツが手に入ったら・・・。 [野菜]

 ちょっとめずらしい野菜を見つけるととりあえず買っちゃう・・・。

去年遊びに行った山形の鶴岡で紹介していただいた農家さん(「おしゃれ農家さん」)が
いつもインスタで紹介してくださっていたビーツのおつまみをずっとずっと試してみたかったんです。

ビーツは茹でるのではなくオーブンでローストと聞き、
とりあえずオーブンに入れてみた。
1時間くらい?と思いましたが、1時間じゃまだ硬い。
結局1時間半ローストしてやっと柔らかく!

端っこをかじるとびっくりするほど甘い!!

スライスしたローストビーツにオレンジ(不知火がオススメとのことだったのでそれで!)をのせ、
アンチョビとディルを重ねるもの・・・
う〜ん・・・自分ではぜったい思いつかない。

   ⇓

66.jpg

確かにワイン!!です。
なんかこれにクリームチーズを添えても良さそうな気が・・・
やってみよっと。
nice!(0)  コメント(0) 

鎌倉の美味しいパン屋さん [おいしいもの見つけた!]

 お出かけ先の鎌倉で美味しいパン屋さんにつれていってもらいました。
由比ヶ浜大通りの六地蔵からちょっと入ったところにある「ラフォレ・エ・ラターブル」

ご夫婦でやられているかわいいパン屋さん・・・
おすすめのカンパーニュとタルトフランベをお買い上げ!


55.jpg

帰ってからすぐにぱくっと・・・美味しいね!
また来ま〜す!

あとは連売で翌日の教室の材料を仕入れて(ついでにお花も・・・)
後ろ髪を引かれつつ帰宅〜!!

nice!(1)  コメント(0) 

いいお日和に鎌倉へ・・・ [おでかけ]

 3連休の初日、久々の鎌倉へ・・・
目的は鎌倉ナッシュビル友好協会主催のWS
「アメリカのお菓子作りと対談」に参加するため・・・。
http://www.kamakura-nashville.com

アメリカの菓子文化研究家の原亜樹子さんと
作家でミュージシャンでアメリカの食文化にも詳しい東理夫さんのコラボイベントです。

今回は3回あるうちの初回で「レモンスクエア」と「ピンクレモネード」の実習をしつつ、
それらにまつわるお話を伺いました。

移民の国であるアメリカにはお菓子やパンもヨーロッパから渡ってきてはいますが、
ピッツア」にしろ「プレッツェル」にしろ
「ピザ」「ブレッツェル」ではない独自のパンになってるわけで・・・ふむふむおもしろい!!

実習のレモンスクエアとピンクレモネードは原さん独自のレシピですが
現地のものはずっとずっと甘くて酸っぱいとか・・・
レモネードは子どものお小遣い稼ぎで今ではインスタントの粉末で作って堂々と売ってるとか・・・。
もっともっとお話し、伺いたかったです。

東先生のお話もすっごく興味深かったです。
2回め以降も楽しみ!!



33.jpg


11.jpg


22.jpg
焼き上がり・・・。


44.jpg
持ち帰ったものは翌朝のおやつに・・・。

爽やかな甘酸っぱさはコーヒーのお供のぴったり!

次回またよろしくお願い致します。
(正直、甘いレモネードにはちょっとね・・・)
nice!(0)  コメント(0) 

秘伝豆 [おうちのごはん]

 インスタをはじめてからブログがすっかりおろそかになってしまいましたが
これはぜひお伝えしたい!

乾燥の青大豆・・・特に山形の秘伝豆は格別です!

戻すのに一晩はかかりますが水に漬けておくだけ。
普通はそのあと20〜30分ゆでるのですが・・・

ゆでずになたね油でかりっと焼いてみたら・・・
豆の甘さが際立って、まさにやめられないとまらない。


11.jpg



22.jpg
一晩でぷっくりと!


33.jpg
この焦げ目がたまらない。


おいしい塩をふればそれだけで美味しいのですが、
ドレッシングで和えたりだしに漬けたり・・・
しばらくははまりそう!!

nice!(0)  コメント(0) 

新刊のおしらせ!

 1月に撮影を終えた本の方がやっと(・・・と言うか超スピードですが)
カタチになりつつあります。

すでにAmazonでも紹介されていますが・・・
    ⇓
11.jpg
こねずに作るバゲット(エピやカンパーニュも)とブリオッシュほか・・・のレシピ本です。

「こねないパン」を考案して10年近く・・・おかげさまで4冊目のこねないパンの本になります。
また店頭に並んだらご紹介させて下さいませ!
どうかよろしくお願い致します。



nice!(0)  コメント(0) 

3月のC's table [C's table]

 2月もあと2日・・・待ちに待った3月・春到来!

3月の教室はサクラのこねないパンと、(とうとつですが)BPでささっとできる肉まんです。

11.jpg
もちろん蒸してもいいし、フライパンで蒸し焼きにすると美味しそうな焼き目がつきます!
(この底のところが美味しい!)

ぜひお待ちしております!!
nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -

藤田千秋のC's table Diary

おいしい手づくりパンをめぐる生活 藤田千秋のC's tableホームページ(www.chiaki-net.com)の日記です。